no-image

ロシア語の独学は無理なので語学学校に通います。

ロシア語の独学は無理?
多分無理じゃないんですよね。
ただ、タイトルにはどうしても無理と書きたい。
本音としては、

ロシア語の独学は難しいので語学学校に通います。

こうなる。
なんというか、本音じゃないんですけど、’無理’ という言葉を使用すると私は少し恩恵を受けることができるかもしれない。
いわゆる、ポジショントークといえるかもしれません。

ブログの回覧数を増やしたいので、察してほしい。
そういうことなんです。
今日とうとうロシア語教室から連絡がきたんですよ。
当初の連絡では9月の中旬に始まるということであったが、10月の上旬へと延期になったようだが。
大学よりもロシア語教室をより楽しみにしていたわけですから本当にうれしい知らせでしょう。
これから通う予定のロシア語教室は無料つまりボランティアではなく、学期毎にいくらか学費を払わなければいけないようです。
ロシア語が母国語の講師が週2回で1回2時間のグループ授業をする。
そのようなあらましになっているようです。
そういえば、日本にはあんまりロシア語の教室というものはないですよね。
でも
日本の大学のコミュニティーセンターではロシア語の講座をやっていますよ。
ほかには、結構月謝が高いロシア語の教室なんて言うのも見たことあります。
しかし、直接個人にお願いしてロシア語を教えてもらうという形式であれば、インターネットで簡単に探せる気がするのですがどうでしょうか?
例えば、ぼくは高校2年生の12月の長期休みで余裕があったのでロシア語のチューターっていうんですかね?
なんていうのでしょうか、家庭教師じゃないけどカフェで教えてもらうやつ。
ありますよね。
それを最寄りのカフェで1カ月くらいやっていました。
1年間の交換留学をしていたモスクワから来た大学生にお願いしました。

ゼロから始めるロシア語

こんな参考書を使用したのですが。
今思うと少し後悔しているんですよね。
文法なんかより、無理せずに会話の練習をすればよかったななんて。
どういうわけか、当時のぼくは

文法をお願いします。

なんてことを言ったんでしょう。
どうせ1カ月なんかで文法なんて覚えれるわけないのだから楽しく会話の練習をしたほうがよかった、
なんて後悔していたり。
話を戻すと、これからぼくが通うロシア語の語学学校は4つのコースがあるみたいなんですね。

●初級1
●初級2
●中級
●上級

1コース回すのに2カ月。
ちなみに、来年の8月にをうけようとおもうのですが、どのコースがТРКИ第1レベルをカバーしているのかがわからないんですね。
つまりは、中級までの学習内容で試験範囲をカバーするのか?
それとも

いやいや、上級コースを受けないと試験範囲はカバーできませんよ。

こういわれるかもしれない。
しかし、上級までいけばさすがに試験内容はカバーしているだろう。
ですから、上級コースにくいこむことを目下の目標にしようと思う。
計算上、1年あれば上級コースには行けるということなので、そういうことです。
ちなみに、あの僕が今住んでいる国ではТРКИを実施していないので来年の8月は日本に戻ろう。
そう考えているところです。
しかしですね、ここ3.5年以内にТРКИ2に合格しようという目標がある中、

上級レベルではТРКИ2の試験範囲をカバーしていません。

なんて言われたら少し困ります。
これから、ロシア語の語学学校関する投稿します。
あぁ、そうだあのメールに返信して参加の意思を表明しなければ。
P.S
この
ロシア語独学してみた。
というブログ。
着々とページビューを増やしております。
今年中にデイリー400PV  というのが適正な目標でしょうか?
てか、今ゴミ出ししてきたら
となりのとなりの部屋に玄関からネズミが出てきたぞ。
きしょい。
ここ21階ですよ。
ネズミ飼いかね?
結構綺麗なマンションのはずなんだけれども。