【何から始める】ロシア語の独学勉強方法!習得の5ステップ!

ロシア語は独学でも習得できるということを伝えたい!

目次

ロシア語を独学したいと考えている?でもどのような手順で?どのようなステップで?どのように勉強すれば良いのか?この記事ではどのようにロシア語を独学するのかを僕の経験を元にして記すぞっ!

僕は高校生の時から1.5年ほどロシア語を独学という形で勉強してロシア語能力をB1まで上げたあと大学を休学してモスクワへと渡ったワイがこの記事を書いたでっ!

ワイがロシア語の独学を高校生の時に始めてから大学を休学してモスクワへ行くまでの物語

ロシア語の勉強をゼロから独学で1.5年続けた結果…

⬆️興味があったら読んでくれなっ!
(ちなみに今現在はモスクワ在住だっ!)

ロシア語を全く知らないけど勉強してみたいというあなたに向けで書きますっ!

僕は高校生の頃からロシア語を独学して大学1年次の終わりから休学申請してモスクワへ渡った。

独学を高校の頃から大学を休学してモスクワへ行くまでロシア語を独学していたんやなぁ

僕がロシア語の独学をしてきた経験を基にロシア語独学のステップ・勉強方法・ロシア語の勉強のコツを記したい

ロシア語の勉強をゼロから独学で1.5年続けた結果…

ロシア語の独学を始めたのは高校生の時であるが、僕は海外の中学・高校に通っていたいわゆる帰国子女な訳だ

(大学も海外だけど…1年次の終わりに休学してモスクワへいったで)

そのため、高校にはロシアからの留学生というか同級生もいたわけだが

その同級生がきっかけとなりロシア語に興味を持ち、勝手にロシア語の独学を始めたわけだ

(ワイ根暗な学生だった いうてな)

その同級生にロシア語のフレーズなんかも教えてもらっていたのだが、そんなんじゃなくてもっとよりロシア語をしっかりと勉強したくなったんやな

(その同級生は別にロシア語の講師であるわけじゃないからロシア語なんて教えられないわけや せいぜいロシア語のバッドワードをワイに詰め込むことしかできないんや笑)

で、ロシア語の下品な言葉なんかどうでもいいから、もっとしっかりとロシア語を知りたいんや思って独学をやってみたんや

高校の時はロシア語の独学いうても特に目的もなく趣味みたいなもんで適当にやっていたんだが、大学に入学し少し真面目に自分でしっかりと目標を立ててロシア語を自分で勉強し始めたんやっ!

ロシア語の独学を始めたおかげで今はモスクワに住んでいるわけで、ロシア人の友人や今のとも知り合えたんやが…

今思うとロシア語の独学をして本当によかったとおもっている

当時、インターネットで「ロシア語独学方法」と検索したが、なんかいい情報がなかったんやな

(だから良い情報をワイがネット上に放り投げるんじゃ)

ワイの経験をこの記事ではシェアするぞっ!

この記事は僕の経験を元にどのようにロシア語に初めて挑戦する人がロシア語を勉強すると効率よく学習を進めるのか僕の意見を記しただけです。僕にはこのやり方が一番良かったのだけど、ほかの人には違うやり方があるかもしれません。この記事はあくまで参考までに!!

僕の経験から勝手に話させてもらって非常に恐縮でございますが、ロシア語の独学には5つのステップがあるという結論に至ったんです。

(今はモスクワ生活を楽しんでいるから、もうロシア語の独学はしていないけどね…あくまで僕の経験を基にした意見だよ)

ステップ1-とりあえずロシア語の教材を手に取る

ロシア語の独学をしたいと思ったらまずロシア語の教科書を大型書店で1冊見手にとって見てみてくださいっ!

(図書館でもいいですよっ!ちなみに、ロシア語は割とマイナーな言語でございますので、小さな商店街にありそうな書店には取り揃えてない可能性が極めて高い!だから、ジュンク堂とかとりあえずデカイ本屋に行ってみてくれっ!)

独学の為のロシア語教材の選択に関して

一番初めにロシア語に手をつける人はどのような教材を選べば良いのか?気になると思うんです…

僕が考えた初学者が一番最初に手をとるべき教材の条件⬇️

初学者が最初に手をとるべきロシア語教本の条件

  • 薄めの教材であること(少ないページ数)
  • 本の最後に語彙リストがあること
  • 最低限の文法だけカバーしていること
  • 説明が堅くない・分かり易いこと

条件1-ページ数が少ない教材

ページ数が少ない、つまりコンパクトな教材を一番最初のロシア語の教科書として選ぶべき理由はこれだっ⬇️

一冊の教材を完璧にすることが重要だと僕は考えているから。一冊を完璧にすることでロシア語の基本語彙・文法を身につけてたい特に語彙は重要

すなわち、コンパクトな教材であれば一冊を読み切り一通りの内容を理解し易いからページ数の少ないロシア語の教材を選択するべきだ

ページ数の少ない教材のメリット

  1. ページ数が少ないので挫折せずに一冊をやりきることができる
  2. 基本文法と基本語彙だけを集中して学べる
  3. やり込める

実際、この記事でも紹介したが僕は高校生の時に一番最初に手にとったロシア語の教本をやりこんで、教本に載っている単語は全て覚えた

(うーん🧐正直文法は難しいから最初の一冊目で完璧にする必要はないと考えるけど、一冊目の教材に載っているロシア語の単語は完璧にするべき!)

条件2-最後に語彙リストがある教材

語彙リスト付きの教材を選ぶべき理由はこれっ⬇️

やはり語学において語彙力は非常に重要だと思う

特にロシア語ににおいては文法も単純ではないし、どちらかと言えば初学者はロシア語にの語彙力増強により時間と力を注いだほうが良いと僕は考えるよっ!

正直、ロシア語の学習においては文法よりも語彙力に力を注いだほうが挫折もしにくいと思う。

文法は基本の基本をやって、同時に語彙力により力を注いだほうが初学者には効率的かなぁ〜

僕も最初は文法は適当に流しながらちょっとずつ覚えていったよ。でも単語は一生懸命覚えたぞっ!

文法に関してはまず一冊目の教科書を一旦やってみて単語も1000語くらい覚えてから、ロシア語の文法にコミットするか決めるのも良いんじゃないかな?もちろん、ロシア語文法の基本の基本は一冊目の教材で身につけるべきだと思うぞっ!でも、文法ばかりに気を取られてロシア語の勉強を挫折して諦めてしまうにはとても悲しいから、ロシア語の初学者は自分のペースで文法を身につけていくと良い思う!

だから、ロシア語の単語を身につけやすい教材を選択するべきだっ👍

※もちろん文法も重要だけど、自分のペースで頑張ろう!ロシア語を勉強をしたばかりの初学者は文法よりは語彙力の方が身につけやすいと思うから、最初の一冊目では語彙力の向上に時間と力を注ぐ方が良いと思うぞっ!

ちなみに、僕の経験だけど正直ロシア語の文法は勉強して覚えるというよりも慣れるという感じだね

実際モスクワで生活をしているけど、ロシア人の友達やロシア人の彼女とコミュニケーションを楽しくとっているうちにロシア語の文法にも慣れていつのまにか身についていたぞ

だから、ロシア語の文法は習う慣れるほうがよいのかもしれない!

条件3-最低限の文法だけカバーしている教材

一冊目に手に取る教材でロシア語の文法を完璧にしようっ!そう思っているやる気がある方は本当にすごいと思う… 僕は…

でもやる気があっても、一冊目の教科書に選ぶべきロシア語の教材は全ての文法を網羅しているような難しそうな教科書ではなく、ロシア語の基本文法のみを丁寧に説明している易しい教材だと思う😳

なぜ基本文法のみの易しいロシア語教材を選ぶべきなのか?僕は2つの理由があると考えている

  • 挫折をしにくい
  • ロシア語文法の基本基礎をしっかりと身につけるため

今からロシア語を始めようと考えている人は全てのロシア語文法事項が網羅されている学習書より最低限基本のロシア語文法が易しく説明されている学習書を手に取った方が挫折する可能性がグッと下がると思うのだ

せっかくロシア語を勉強しようと学習を始めたのに挫折してしまうのは非常に悲しいことだと思う

ロシア語の勉強をゼロから独学で1.5年続けた結果

⬆️上の記事でも記したが僕はロシア語を独学して本当に良かったと思っている。(独学していなかったら今僕はモスクワでは生活していないと思うぞっ)

また、最初から「ロシア語の文法事項を全て網羅したい!」という気持ちも理解できるのだけれども、まずは基本文法を少し勉強してみて、理解できたら次のステップとして中級のロシア語文法に挑戦してみるのが最善だと僕は思う

やっぱり、挫折しないで継続することが重要だと思うのだ

だから、最初から全ての文法を完璧にしようと思うのではなくて自分のペースで楽しく挫折をしないでロシア語の勉強を続けることが大事なのだと思うんだ

そのためには、一冊目に手に取るロシア語教材は基本文法のみの易しい教材を選ぼう!

条件4-説明が堅くない・分かり易い教材

一番最初はやはり分かりやすいロシア語の教材を選ぶべきだ!

何度も、繰り返してしまい少し気まずいのだけれどもやはり挫折をしないためには分かりやすい教材を選択するということはとても大切だと思うのだ。

事実、僕も一番初めにジュンク堂で購入したロシア語の教材は非常に文法事項が易しく説明されていて、イラストを多用した楽しそうな教材だ

一度、大型書店を訪れてロシア語の教材を手に取って見てみてほしい!

(町の小さな書店でロシア語の教材を取り扱っていることはめずらしい…残念だけど。ロシア語はまだまだマイナーな言語のようだね😑)

実際に書店で手に取って自分が続けられそうだと思ったロシア語の教材を選ぶと良いと思うよ!がんばろうっ!

実際に僕が一番最初に手に取ったロシア語の教科書

僕がロシア語の独学をしようと決意して一番最初に書店で手にとって選んだ教材は白水社から出版されている初級ロシア語20課だ


初級ロシア語20課《CD付》

この教材は僕が上で挙げた4つの条件に当てはまっていると思う!

もし、僕の友達がロシア語を独学してみたいと相談してきたら、絶対にこの教材をオススメすると思う!

初級ロシア語20課の感想①

初級ロシア語20課の感想②

この記事にも一部初級ロシア語20課の感想を記している

僕は個人的には初学者には白水社の初級ロシア語20課を推薦したいけれども、大事なのは自分に合いそうな教材を自分で選んでロシア語の勉強を挫折しないで楽しく続けることだと考えている!

頑張ろう!

ステップ2 – とりあえず1冊の教科書やってみよう

ステップ1ではロシア語の独学を始めようと考えている人がどのような観点からどのような教材を選ぶべきなのかという僕の意見を書いたけど

ステップ2ではどのようにロシア語を勉強し始めた学習者が教科書を使って独学を進めていくべきなのか?僕の考えを書きたいっ!

(あくまで、僕の個人的な意見だから…偉そうに書いてごめん🙏いうてな)

文法はながす程度で良いと思う

あくまで、僕の個人的な考えですが、教科書に載っている文法を全て完全に覚えて理解しようとか、例の文法表を上から下まで丸暗記とかそんなことは一切しない方がいいんじゃないかなぁ〜と考えている😶

僕の経験だけど正直ロシア語の文法は勉強して覚えるというよりも慣れるという感じだね…
実際モスクワで生活をしているけど、ロシア人の友達やロシア人の彼女とコミュニケーションを楽しくとっているうちにロシア語の文法にも慣れていつのまにか身についていたぞ。だから、ロシア語の文法は習う慣れるほうがよいのかもしれない!

(⬆️さっきも同じこと書いてただろっ!いうてな😂)

単語は全て完璧に覚えるべし

文法はそのうち慣れるから、絶対に語彙力向上にフォーカスするべき!

ロシア語の文法に関しては、あまり無理をせず自分のペースでゆっくりと習得していこう!

というのが僕の意見なのですが…

しかし、語彙に関しては出来る限りストイックに覚えていくべきであると考えているんだ!

文法と比較して語彙力は少ない負担というか労力でレベルアップさせることができると思うんだよ…

つまり、どういうことかというと

文法の理解はシンプルに難しいと思うんだ!もっといえば、時間をかけても理解度はすぐには高まらないと思うんだよ

(特に初めてロシア語を学習する人は…まあ、ただの僕の意見だけど)

だから、文法はゆっくり焦らず時間をかけようという話!というか、ロシア語文法は勉強するより慣れた方がよろしいということは何度も書いてしまったが…

でも、語彙力を向上させるのは文法を理解するよりもそんなに難しいことではないと思うんだよ!

だったら、簡単な方すなわち語彙力の向上に最初は力を注いだ方が良いのではないかなというのが僕の考え!どうせ、文法はそのうち慣れるからね!(僕の経験)

具体的にどのように一冊目の教材に収録されている単語を完璧にするのか?

上記に記したようにロシア語の初学者が最初に手に取るべきロシア語の教材の条件として語彙リストが最後に載っているものを選択するべきだ!

⬆️このように僕は考えているんだ

おそらく、ロシア語初学者向けの教科書には基本的に500から1000語程度ロシア語の基本語彙リストが最後に載っていると思うんだ!

例えば、僕が高校生の時一番初めに手にとった初級ロシア語20課という教材にはしっかりと語彙リストが本の最後に載っていたぞ!

ちなみに、初級ロシア語20課には大体500ちょっとの基本語彙が使用されていて、語彙リストには使用されている単語全ての日本語訳が記されている!

毎日、寝る前に500語すべてを頭の中で繰り返すとか、口に出しながら書いてた覚えるとか…何でも良いのですが単語を覚えるためには毎日続けなければいけません!

正直、500語程度ならどんなに時間がかかっても毎日続ければ1ヶ月で覚えることができると思います!

(実際僕は1ヶ月で500語を全て覚えたっ!)

とにかく、単語を覚えないとロシア語の学習が前に進みません!だらだらやっていても、モチベーションが下がり、やる気も下がり、挫折してしまう可能性が高まると思うのです!

だから、基本単語はサクッと覚えましょう👍

基本のロシア語文法を理解するよりも、500語を覚える方が僕は簡単だと思うぞっ!

でも、絶対にダラダラやらないで欲しい!毎日500単語に触れると決めたら、毎日実行してくれ🙏毎日続けることが、ロシア語の学習を挫折をしない為に重要だ!本当に!

毎日やっていれば、1ヶ月で覚えれると思うけどなぁ〜

テキストを辞書なしで読めるようになったら一冊目のロシア語教材から卒業

多分全ての初学者向けのロシア語の教材は読解テキストと共に文法と語彙を身につけよというスタンスで設計されていると思う…

(そもそも、日本で出版されている多くのロシア語関連の書籍は初学者をターゲットにしている?気がする どうでもいい いうてな)

そうそう、⬆️こういうのですっ!

学習書に載っているテキストが全て辞書なしで読めて完璧に理解できるようになったら、その教科書はもう卒業しましょう!

テキストが全て完璧に理解できたということは、その教科書の語彙を身につけたということです!

是非次のステップに進みましょう👌頑張れっ!

文法はあやふやでいい!次に進もう!

おそらくほとんどの、初学者向けのロシア語教材にはこのように⬆️文法事項が説明されていると思うんだ!

だけど、完璧に理解する必要は無いと思うぞ!

適当に読んで「あぁ〜、ロシア語の文法ってこんな感じなのね」こんな感じで適当に流して欲しい!むしろ、流した方がいいと思うんだよなぁ〜。僕の意見だけど…

ステップ3に続く…

ステップ3 – 語彙力をとりあえずつけよう!

文法は自発的に勉強しなくても、ロシア語を読んだり、話したり実践的にロシア語を使っているうちに勝手に覚えるから大丈夫だっ!(僕がロシア語を独学してモスクワで生活している経験からそう思う!)

⬆️こんなことをいうと、「ロシア語文法がわからないとロシア語文も理解できないし、会話もできないだろ」とか言われそうですが….🙄

確かに、ロシア語6全て覚えたほうが、文もより正確にスピーディーに読むことができるし、ロシア人との会話もよりテンポ良く進むと思う!それは同意します。

だけど、あなたはまだ初学者ですよ?僕はそう言いたい!初学者なんだからそんなハイレベルを最初から求めんなよ!そして、6格複数も単数も全て完璧にしている時間があったらロシア語の単語2000とか3000とか覚えられると思うんですよね

だったら、文法は後回しにして語彙によりコミットした方がいいんじゃ無いのというのが僕の考えなんじゃっ!

しかも、文法下手でも単語をたくさん知っていればロシア人ともまともに話せるということを今からロシア語のを学習し始めるあなたには知っておいて欲しい!(ワイがモスクワで生活して気づいた…いうてな)

どのようにロシア語の語彙力を増やすか?僕のとった方法!

ロシア語の単語を覚えるには4つの方法があると考えているっ!

1.ロシア語の本をたくさん読む
2.ロシア語の単語帳を買って気合と根性で覚える
3.アプリ使って効率的に覚える
4.ロシア人とロシア語で積極的に交流する

これくらいしか単語を覚える方法はないと考えている

(実際に、僕も上記の方法で語彙力をつけたんだ!)

ロシア語の語彙力を増やす4つの有効的な方法!【モスクワ在住者が語る】

詳しくは⬆️の記事をよんでみて

ステップ4 – もし文法に興味がわいたら勉強してみよう!この頃には、文法が完璧でなくてもロシア語を理解して会話することができると気づくはずだ!

独学でもロシア語の文法を身につける4つの方法!【モスクワ在住者が語る】

どのくらいの勉強をすればロシア語を習得できるのか?

ロシア語の習得に必要な学習時間と難易度を調べてみた。