ロシア語独学してみた。

ロシア語教室に週2で通っている俺。2019年8月にТРКИ第1レベルに受かるブログ。 厳密に言えばもうロシア語独学していません。

Home > その他 > 大学の講義のスピード少し早すぎませんかね?そして、ロシア語選択不可でした。

大学の講義のスピード少し早すぎませんかね?そして、ロシア語選択不可でした。

大学の講義のスピードが少々早いんですよ。

いろいろ考える節があるのでそれを記そうと思う。

この一週間、講義をいくつか受けたんですがね。

東南アジアについての教養、統計、管理論

そんな感じのやつですね。この一周間で受けたのは。

ほかにも、情報管理システムとマイクロ経済の基本みたいな感じの講義、合わせて6つの科目を今期は選択したわけですね
この科目たちはすべて必修科目のようで,1年目に消化しなければならないようです。

さもなくば、自分の専攻の科目をとれないらしいんですよ。

(まだ自分の専攻を決めたわけではないですが)

ですから選択といっても、正直選択の余地はなかったに等しいわけです。

つまり、これから一年は自由に科目を選択できないのでしょう。

すなわちですね、これが何を意味しているか?!

そう、大学に入ったら絶対に選択しようとしていた科目である ロシア語 非常に残念ながら選択できなかったわけであります。

もし、選択できればブログのネタにできたのかもしれませんがね、少し意気消沈してしまいました。

すなわち、僕がロシア語を学べるのは大学外のロシア語教室だけになってしまったというわけなのですが、問題は、連絡が全然来ないということですね。

前の記事にも話した通り、ロシア語コースの入学スケジュールがなされたら連絡来るはずなのですが。

9月の中旬に開始予定のはずなのですがまだ連絡がこないことを見ると、これが不安材料ではありますが。。。

しかし、ロシア語教室が始まったらこのブログの記事になることは間違いないでしょう!

なんたって、このブログは僕がロシア語を身に着けていく過程を記録するという目的の元において運営されているわけです。

ですから、そういう意味においてはこのブログのタイトル
ロシア語独学してみた。
はしっかりとブログの方向性を指し示すことができていて、我ながら素晴らしいネーミングであると自画自賛しているところであります。

選択科目

話を大学の科目の話に戻すとしましょう。

まず最初に、僕が講義を受けてみて同情じゃなくて同様したこを一つここに記したいです。

僕が今期選択した科目は、グループワークの参加が必要らしいです。

大嫌いなんですよねグループワーク。

高校の時もグループワークが多くて、グループワークに対しての恐怖心は薄らいだというか克服できたと信じているのですが。。。

というか、高校の先生こう言っていた気がするんですけどね。
大学では高校よりもグループワークは減るぞ
高校の教師は信用にならないですね。 少し萎えました。

もしくは、オーストラリアとマレーシアではすこし違うのかもしれません。

グループワークは気合と根性で乗り越えますわ。

そういえばこの記事にもグループワークについて記していました。

これから下は自分が選択した科目について少し記そうかなと思います。

東南アジアについての教養

このコースはなんか外国人学生は必修みたいです。

東南アジアと言いつつもマレーシアに焦点が合っているのでしょう。

面白そうな講義になりそうだと期待している、そして比較的楽そうな科目でしょう。

でも、グループワーク大変でしょうね。

文化、歴史、行政システムとか憲法について知識を深めるようだが、深くは学ばないようです。

僕はこういう講義好き

管理論

この科目一番受講生が多いですね。

下手したら100人くらいいるかもしれないですね。結構大きなオーディトリウムでやってます。



こんなにきれいではないですが大体こんな感じでしょう。

この科目の教員が言っていたのは、
この管理論という科目はうちの学部の中で一番簡単だから。
そうらしいです。

テンポが遅い講義です。

統計

人数は20人くらいでした。

授業の進度が管理論の5倍くらい早い。

ノートをとるのきつい。

スライドをダウンロードできるので放課後やればいいのですが。

しかし、高校の数学で統計の授業をまじめにこなしておいて本当に正解だった今更そんなことを考えています。

高校の時に習った知識のおかげで初回から詰むということにはならなかった。

統計も一番最初の講義だったので、具体的な手法についての話はもちろんやらずターミノロジー系の話が中心でしたのでそこまで難しいわけではありませんでしたが、テンポの速い講義とぼくの苦手な数学に飲み込まれないためにも復習は大事だ。

そう思いましたが、復習する可能性は限りなく0パーセントに近いでしょう。。。。。冗談ですけどね。

ただ統計は僕の中で要注意科目であることは間違いないです。

専攻

専攻をそのうち選ばなくてはいかんでしょう。

僕のいるところには

情報管理システム
金融
マーケティング
マネージメント? よくわからない

いくつかのオプションから選ぶようなんですが。

実は、ぼくサンクトペテルブルク大学の大学院入学選考のレポートのテーマ一覧を手に入れたんですよ。ラッキーなことに英訳です。

特段、サンクトペテルブルクに行きたいというわけではありませんがたまたまみつけたので、これを専攻決定における判断材料にするものよろしいかと思います。




これから大学での学業もロシア語の語学学習もやりたいことをかなえるわけで重要になってくるようです。

努力はさせてもらおう。

そう思います。

ちなみに、このブログはロシア語もしくは大学院入学に対して諦めをかけるま出続けるでしょう。

もしくは

あわよくば、4年後マレーシアではなくロシアからブログをかいているかもしれません。

結末が見たければこのブログをモニターしていればわかるでしょう。

P.S

チャド人

てか

チャドという国知ってますか?

彼は学部は違うのだが、講義で知り合った。

僕が一人でボッチで飯を食っていたら

よお。

一緒に食べてもよいかね?

誘ってくれた。まことにありがたい・

アフリカ人だからというか

そういうところに住んでいるから

アラビア語とフランス語が話せるようだ。

フランスにはアフリカからの移民が多いということを聞いたことがあるので

こんな質問をしてみた。

フランスに行く人多いときいたことあるが、君はフランスいったりするの

的なことをオブラートに質問してみた

いや、故郷が好きだからね。わかるだろ?

と言ってた。

よさげな人だ。そう思った。

そういいながら彼は、屋台で買ったラム肉を分けてくれた。

彼と仲良くなればグループワークもスムーズにいくかもしれない・

次あったら連絡先きこうか、聞かまいか?

拍手[1回]

0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

プロフィール

HN:
No Name Ninja
年齢:
18
性別:
男性
誕生日:
1999/12/27
趣味:
ブログの更新。友だちいないので。
自己紹介:
高校を卒業したが大学入学まで時間があるのでロシア語を独学していた。なお、独学開始日は2017年12月15日。 中学・高校を4年以上オーストラリアで過ごしたのにも関わらず、なぜかクアラルンプールの公立大学に在学する少し変わった人間。 ロシアの大学院に真剣に進学したいと考えている。鋭意努力中。

最新記事

(10/09)
(10/07)
(10/05)
(10/03)
(09/29)
(09/26)
(09/23)
(09/18)
(09/15)
(09/10)
(08/28)
(08/24)
(06/28)
(05/12)
(01/23)
(01/08)
(01/07)
(01/06)
(01/04)
(12/31)