ロシア語独学してみた。

ロシア語教室に週2で通っている俺。2019年8月にТРКИ第1レベルに受かるブログ。 厳密に言えばもうロシア語独学していません。

Home > その他 > Wi-Fiでラインが使えない時の一時的な解決方法。【海外】

Wi-Fiでラインが使えない時の一時的な解決方法。【海外】

大学の近くに引っ越しして来て2週間ほど経つのだが。

まあ、一応解決したのだが根本的な解決には至っていない。



家のWiFiを使用するとラインを含めたネットを使用した音声通話が一切できなかった。

でも、メッセージ、写真送信は問題なくできる。

WhatAppもできないしAppleのFaceTimeもうまく使用できない。

ライン エラー

Lineを使うとこんなエラーがでる。

ちなみに、Lineにはテストコールとい
うものがあることをこの機会に初めて知った。

ライン テストコール

おそらくおれが購入したWiFiルーターに問題があるとういことはわかっていた。

なぜかって

4G回線では全く問題発生しないからだ。

今から俺がこの件で試したことをまとめる。

ルータを再起動する。

ググったら必ず /ルーターを再起動しましょう/ みたいなアドバイスが出てくるけど絶対ググる以前に大抵の人は試してますよね。

もちろん効果なかった。

パソコン版のラインをダウンロードして音声通話ができるか試してみた

パソコンでも試したのだが同じエラーが出てくる。

これで

おれのiPhoneの故障ではないことがほぼ確実となった。

SIMカードの抜き差し

おれが持っているWiFIルーターは4G回線を使用してネットを飛ばしているようだ。

ポケットワイファイみたいなものなのだが、それよりも電波が広範囲に届く。

普通のルーターと外観は変わらない。

でもって、キッチンにいてもネットが使えると言うわけだ。

ちなみに携帯の4Gではキッチンにまで電波が届かないため通信ができない。

やはり、ルーターを購入してよかった。

そう思っている。

結論として、抜き差しを試したが解決しない。

最初からわかっていたのだが、淡い期待というやつだ。

ポート開放


そろそろ、途方に暮れていたところ

5228番のポート開放したら空くんちゃうか?

父親からそんなメッセージをLineでもらった。

唐突にポート開放と言われても...

おれはインターネット通信用語における“ポート”というターミノロジーが全く理解できなかったが

わかりました。

そう冷静に返信した。

どうせ、質問返しをしても既読無視されるだけだろう。

おれの親父はそんな人間だ。偏見だが。

しかし、息子のためにわざわざ開放対象のポート番号を調べてくれたという事を考えると感謝しなければならない。

ネットで調べると、ポート開放というのはルータの管理画面にアクセスして行うものだということがわかった。

管理画面にアクセスする方法も心の優しいおれは読者にシェアしようと思う。

どうせ、この記事を見てる人はやり方を知らないだろう。

携帯のWi-Fi設定に行くと下のような画面にアクセスできるだろう。

ルーターの管理画面にアクセスする方法

ルータと記されているとなりに番号があるので、それをそのままコピーしてブラウザにペーストすれば良い。

ルータのWiFiに接続した状態でやってください。

ちなみに、おれも初めてこんな事をした。

ハッキングしている気分を味わえた。

ルーター管理画面

ポート開放設定のページにアクセスすると、
Trigger PortとIncoming Portという単語に出会った。

意味わからない。

なんで、穴二つ必要なのだろうか?
穴一つではダメなのだろうか?

こう思った。

読者におれの言いたい事伝わりますかね?

伝わったらおれと同じ感性を乗っている事なのかもしれない。


とりあえず両方に5228と入れてみたのだが...

結果、うまくいかない。

せっかく、アドバイスをくれた父親にも

“ポート開放うまくいきませんでした。”

なんて軽く言えないだろう。

なぜか?

メンツを潰してしまうのではないか?

おれはそう思ったからだ。

でもって、Google検索で

ライン ポート開放

というふうに検索すると

このようなページを見つけた。

LINE通話のポート解放とその他いろいろ

これこそおれが欲しかった情報である。

所々、何を言っているかよくわからなかったがしょうがない。

だってこのブログの運営者はネットの技術者なんだから。

素人目線では話してくれないだろう。
LINEの会社が所有するIPを調べ、そのIPアドレスの範囲に限りUDPポートを1024~30,000くらいまで許可するようにしました。

結果は良好でLINE通話をできるようになりました
彼がこう記していたので。

やってみたのだが、うまくいかない。

萎えた。

素人がポート開放という高尚な事をすること自体が間違っていたのかもしれない。技術者がいじるものではないんだろうか?

そう思った。

そもそもIncoming PortとTrigger Portの意味を正しく理解する必要があるだろう。

ちなみにググっても意味が理解できないのでぼくにはポート開放はできなかった。


でもおそらくルータをいじれば治るのだろう。

今でもそう思っている。

VPN

VPNというのはバーチャル・プライベート・ネットワークと呼ばれているらしいのだがそんな事はどうでもよいですよね。

ラインがつかえれば。

おれもよくわからない。意味が。

結論から言うとVPNという方式の通信方法を用いるとラインの音声電話も問題なく使える。

App StoreでVPNと調べると無料のアプリがあるのでそれを使用すればまず問題ないだろう。



ところでVPNに関してひとつ思い出したエピソードがある。

中学の時はおれはボーディングスクールに通っていた。

その学校寮のWiFiでは、有害サイトをブロックするためにルータに何かしらのプログラムがインストールされていたようだ。

なんかマカフィーみたいなやつ。

もちろん、学校として有害コンテンツをブロックするのはしごく当たり前のことなのだが、その中にLineが含まれていた。

まあ、Lineなんて日本人くらいしか使用しないために学校もうっかりブロックリストに入れてしまったのだろう。

(ちなみに、寮にはおれだけだった日本人は。)

このままでは親と連絡が取れない。

そう思い、ルームメイトに中国人に相談し解決してもらった。

(学校に相談してブロックリストから解除じてもらうことがベストディシジョンだったのだが、当時13歳のおれにはそのような思考ができなかった。)

その中国人は、ゲームオタクでそのVPNを使用してオンラインゲームを楽しんでいたやつなのだが、彼がネット規制を回避した際は

お前ハッカーかいな?

そう思った。

携帯を手にしたばかりのおれは、ルームメートのことをハッカーであると疑う他なかった。

おれの父親が冗談交じりに “最近の子供は携帯詳しいな” なんて言っていたのを聞いたことがあるが、実際最近の子供達はそういうことをよく知っているのだろう。

保護者は気をつけたいものだ。


はなしに、戻るが。

これって結局、一時的な解決方法なんですよね。

VPN通信を携帯から解除すればLineができなくなるし、

VPN通信をしていないとLineの着信を受けることができない。

これ結構大きな問題だと思う。

おそらく根本的な解決のはルーターの再設定が必要だろう。

でも

おれにはノーアイディアだ。

拍手[1回]

0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

プロフィール

HN:
No Name Ninja
年齢:
18
性別:
男性
誕生日:
1999/12/27
趣味:
ブログの更新。友だちいないので。
自己紹介:
高校を卒業したが大学入学まで時間があるのでロシア語を独学していた。なお、独学開始日は2017年12月15日。 中学・高校を4年以上オーストラリアで過ごしたのにも関わらず、なぜかクアラルンプールの公立大学に在学する少し変わった人間。 ロシアの大学院に真剣に進学したいと考えている。鋭意努力中。

最新記事

(10/09)
(10/07)
(10/05)
(10/03)
(09/29)
(09/26)
(09/23)
(09/18)
(09/15)
(09/10)
(08/28)
(08/24)
(06/28)
(05/12)
(01/23)
(01/08)
(01/07)
(01/06)
(01/04)
(12/31)