忍者ブログ

ロシア語独学してみた。

高校を卒業して暇なのでロシア語を独学してる。

ロシア語の簡単な前置詞と前置格【独学記録】




このブログの更新と共に、ロシア語の独学をスタートさせて今日でおおよそ1週間が経過したようだ。
今日は、前回の更新の最後に宣言したように1課から4課までに学習したロシア語の単語の定着を確認した。
そして、5課の内容である前置格と簡単な前置詞について学習した。

1課から4課までに学習したロシア語の単語数は合計75単語であった。


残念なことに、自分でそれらの単語を正しく記憶てきていたのかかを確認したところ75単語中9単語を正しく暗記することができていなかったようだ。

それらの暗記が難しかった単語は、明日の朝に再度に確認しようと思う。

俺が覚えることができなかった単語は以下の通りである。


газета 新聞
Письмо 手紙
дядя 叔父
четыре 数字の四
родители 両親
Перчатки 手袋
Платье ドレス
муж 夫
Музей 博物館

以下にはこれらの単語を暗記できなかった考えられる要因を記す。
газета 英語のガジェットと発音がほぼほぼ一緒でうざい。だけど英語とロシア語で意味が違う。

Письмо この単語はピシーモと読むらしいが、иが先かсが先なのかで迷う。多分順番が変わっても発音変わらない気がする。

дядя 母はмама、папаは父、なぜ叔父だけяを使うのかがわからない。аを使ったほうが良いとおもう。

четыре ロシア語で1から5はОдин два три четыре пять とつづるようだがчетыреだけ長い。

родители この単語は、тетрадь、Словарьという単語と字末の発音が似ている。

перчатки わかりにくい字面。

Платье ロシア語にまだ慣れていないせいか、Пとлが連続すると混乱する。

муж мужとМузейは似ていて紛らわしい。

上記のように暗記できなかった要因を探ることで脳に単語のインプットを早めることができるかもしれない。

前置格
前置格は必ず前置詞を伴って用いられるようだ。そして、ほとんどの名詞は語尾が-eになるらしい。

завод - заводе 
почита - почите
письмо - письме
парк - парке

このルールは簡単である。



前置詞
今日学習した前置詞はвとнаだ。
それぞれ、-の中で の上・表面で という意味。

現段階では文法よりも単語の暗記に苦しんでいる。
早くロシア語になれたいものである。



拍手[4回]

PR