忍者ブログ

ロシア語独学してみた。

実は、独学じゃないかも...

癖の強い単語

AT車に乗った。

S字とクランクを走行した。

悪くなかった。

しかし、教習員の態度が鼻についた。

教員の態度が気になるたびに急ブレーキをかけてやろうと思うができない俺。

鼻につくが彼らは教習所の中でしか偉そうにできない。

少なくとも俺が免許を取った時点で同等だろう。

そう考えると気持ちも和らぐ。

たまに印象が悪くはない教員もいる。

8回受けて1回しか出会っていないが。

偉そうにしていられるのも今だけだ。

ある特定の単語だけ覚えられない。
今日の癖が強い単語。

светло あかるい
можно やってよい

なかなか覚えられない単語が一定数見つかる。

Revision A
Voca 述語2

明日はずっと家にいる予定。

テキスト進める。

あと、単語の覚え方を変えた。

CD音声を有効的に活用。


人気記事一覧
● 初学者の俺がロシア語独学に使用している教材。【単語帳・参考書】
● ロシア語の単語を覚えられない奴。この記事を見ろ。【単語覚え方】
● 俺は1日50単語暗記しています。【俺のロシア語単語覚え方】
● ロシア語・英語・外国語での日常会話において文法は重要か?
● ロシア語の習得に必要な学習時間を調べてみた。
● ロシア語の日常会話に必要な最低語彙数を考えてみた。

拍手[1回]

PR

コメント

1. 無題

運転の教習お疲れさまです。

確かに、なぜか覚えられない単語というのはよくありますよね。そういうとき私はWiktionaryで類語を探して関連づけて覚えています。

例えば、светлоを検索すると、

https://en.wiktionary.org/wiki/светло

related termsの欄に、長語尾形の形容詞светлыйや、名詞свет(光、転じて電気)等 が見つかるので、名詞から形容詞を作る時のパターンのようなものがなんとなくつかめます。

あと、Светланаという女性の名前はсветから来ているみたいです。「ひかりちゃん」、でしょうか。

Re:無題

いつもありがとうございます。

助言助かります。

うれしいです。

コメントする