ロシア語独学してみた。

高校を卒業して暇なのでロシア語を独学してる。

ロシア語の現在人称変化(第一変化)と名詞の性【独学記録】


今日は朝5時に目が覚めたのだが寒すぎて二度寝をしてしまったため、結局9時半頃に朝食を食べることになった。
朝食後は昨日覚えた40単語の復習をした。
素晴らしいことに、それらの単語は全て暗記できていた。
やはり睡眠前の暗記は効果的らしい。
今日は何処にも外出していないのでロシア語の勉強に時間を割り当てることができたはずだが、午前中は9時ごろに起床したせいかロシア語のやる気が起きることはなかった。
事実、午前中に行ったロシア語の勉強といえば、携帯のロシア語学習のアプリだだった。
この際だから、そのアプリについてもこの場で紹介しようと思う。
そのアプリはDuolingoというもので様々な言語の学習が効果的にできるアプリらしい。
俺はこのアプリを8日連続で活用している。
というのも、連続してアプリにログインし何かしらの言語を学習するとゲーム内の仮想通貨が増えていくシステムになっている。
このようなシステムに釣られていることを考慮すると俺はまだ子供のように幼いのかもしれない。
しかし、このシステムはモチベーションの維持に貢献していることは間違いないだろう。
また、この学習アプリのいい点はロシア語の文を音声として再生してくれるのだ。
そのため、このアプリは効果的である気がする。
やらないよりはやった方がいい気がするので、これからもこのアプリの使用は続ける予定である。
結局のところ、俺が実際に教科書を使って勉強を始めたのは午後の4時過ぎからであった。

午後4時から7時までロシア語に励んでいた。
しかし、3時間丸々集中してロシア語の勉強をする程の動機は俺にはないわけである。
だから、実質俺がその間にロシア語に触れた時間は1時間程度だろう。
飯の後には10時から12時頃まで教科書を使用して勉強をした。
つまり、記事を書く直前までである。


さて、俺が今日新しく学習した内容は新しい20単語、動詞の不定詞、現在人称変化(第一変化)そして名詞の性だ。
今日暗記した新しい20単語は全体的に、昨日よりもレベルが高くなっている気がした。
もっといえば、1単語の文字数が5から10文字くらいあった。
Знать, ДелатьそしてЧитатьはそれぞれ今日習った単語の一部であるが、それぞれの共通点は動詞(不定詞)であるということだ。
それぞれの意味は知る、する、読む。


上記に挙げたようなロシア語の動詞は人称と数によって変化するらしい。

Я знаю
Ты знаешь
он/она знает
мы знаем
вы знаете
они знают
という具合に変化するらしい。

この法則を一応は覚えることができたが、これを覚えるのに1時間かかった俺は真剣さに欠けるのだろうか?


ロシア語には名詞に男性、女性、中性という性があるのは前から知っていた。
これには法則があるのだが、その法則は意外とすんなりと覚えることができた。
まず前提として、性を見分けるには文末の文字を確認するらしい。
男性名詞は子音文字、й、ьが文末。
女性はа я ьが文末。
中性はо е мяである。
ただ問題なのが、文末がьの時は男性なのか女性なのかが判別できないことだ。
これは地道に辞書を使って覚えていかないといけないようである。


今日はこの辺で就寝しようと思う。
今日覚えた内容と単語を朝まで覚えていられるのかが不安である。
 




拍手[2回]